でも、東京を離れられないし・・・
by jinguumae
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2007年 09月
2007年 01月
フォロー中のブログ
札幌に戻ろうかなぁ・・・(続)
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


絶対的なものなんて・・・

 年が変わるということは、色々な意味で区切りとなる訳だから、とても重要なこと。他の一年のうちの大部分の午前0時とは、やはり意味は違うことなのだろう。
 しかし、それは、感傷的なものに過ぎないのかも知れない。自分にとって、一週間程前までは日本で生活していて、日本の時間の中で生活していたのだから、どちらかと言えば、チェコの時間より8時間早い、チェコ時間の16時、ちょうどプラハからの列車が出発した時間、その時を年越しとする方が妥当なのではないだろうか。チェコの田舎町、クトナーホラで、「あとちょっとで2006年が終わるなぁ・・・」とぼんやり考えていたとき、実はもう2007年になっていたのである。2007年になった瞬間、そのとき自分は、ホテルの部屋で、なかなか寝付けず花火の音を聞いていたのではなくて、散々疲れて、ぎりぎりに間に合ったクトナーホラに向かう列車の中にいたのではないだろうか。そう考えると、年越しの瞬間にプラハにいるという目的は達成されたと言えよう。

 年を越すという、何か特別な瞬間と考えたくなるようなことも、実はあやふやで、頼りないことなのかも知れない。

 そんなことを考えてみた。
[PR]
by jinguumae | 2007-01-22 21:25
<< 新年あけました 予定変更 >>