でも、東京を離れられないし・・・
by jinguumae
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2007年 09月
2007年 01月
フォロー中のブログ
札幌に戻ろうかなぁ・・・(続)
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


低く暗い冬の空

 もう少しヘプにいたかったので、もう一泊することにした。そしてカルロヴィ・ヴァリに向かった。
 町は駅から離れている。川沿いを暫く歩くと、温泉街に入った。ホテルがたくさんある。でも、どこも高そう。町並みがきれいで、ボヘミアングラスや琥珀のお店があって、観光地っぽい。
 コロナーダで温泉を口に含んでみる。鉄くさくて、「うわっ」ってな味。
 この町に来たかった理由が2つあって、一つは、飛行機に乗ったときの機内誌に載っていたのと、それと、旅番組で見て、それらが印象に残っていたから。どちらも晩秋頃の景色で、その景色と重なる。
 その旅番組で、緒川たまきが温泉を飲んだとき、「口を切って、その血をなめた味」といった表現をしていたが、なるほどその通りである。
e0112360_20333477.jpg


 次の列車まで時間があったので、歩き込まず、温泉街の端までを往復しただけで、ヘプに戻った。列車を待っている間、雪がちらついてきた。

 ホテルに戻って昼寝をして、またヘプの町を歩いてみた。
e0112360_20334628.jpg
e0112360_20335760.jpg

[PR]
by jinguumae | 2007-01-24 21:38
<< 迷宮の町プラハ 新年あけました >>