でも、東京を離れられないし・・・
by jinguumae
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2007年 09月
2007年 01月
フォロー中のブログ
札幌に戻ろうかなぁ・・・(続)
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 15 )

次の旅を決めなくては。

気まぐれで写真をアップしてみました。
普通の記念写真だけど、良かったら見て下さい。

http://www.photohighway.co.jp/AlbumPage.asp?un=65919&key=2015447&m=0
[PR]
by jinguumae | 2007-09-04 20:09

迷宮の町プラハ

 プラハを訪れるのは3度目(数日前にも町を歩いているので、それを含めると4度目だが)である。初めてこの町に来たとき、何て美しい町なんだろうと思った・・・。
e0112360_22143669.jpg
e0112360_2216138.jpg


 旧市街広場、カレル橋、プラハ城と歩き、その後もひたすら歩いて、やっとのことで予定していたホステルに着いた。ここが空いていなかったらプラハに泊まるのはやめようと思っていたが、部屋は空いていた。1泊300コルナ(1,830円)。学生寮そのもの。
e0112360_22414265.jpg


 夕食はチェコ料理の店に入ってみた。ビーフシチューのようなものを頼んでみた。付け合わせの、パンをもちもちっとさせたようなクネドリーキが重たい!別にパンまで付いてきたし。
e0112360_22162424.jpg

 
 プラハは、今もきれいな町であることには変わらないし、十分に魅力的な町である。でも、最初に訪れたときのような感覚にはなれない。それは、3回目だからと言うだけではなく、少しは旅慣れたからと言うだけでもない。時間のせいなのだろう。西欧化と言うことじゃなくて、自分自身が歳を取ったから・・・最初にプラハに来たときの自分には、もう戻れない。 
e0112360_22152253.jpg

[PR]
by jinguumae | 2007-01-28 22:44

低く暗い冬の空

 もう少しヘプにいたかったので、もう一泊することにした。そしてカルロヴィ・ヴァリに向かった。
 町は駅から離れている。川沿いを暫く歩くと、温泉街に入った。ホテルがたくさんある。でも、どこも高そう。町並みがきれいで、ボヘミアングラスや琥珀のお店があって、観光地っぽい。
 コロナーダで温泉を口に含んでみる。鉄くさくて、「うわっ」ってな味。
 この町に来たかった理由が2つあって、一つは、飛行機に乗ったときの機内誌に載っていたのと、それと、旅番組で見て、それらが印象に残っていたから。どちらも晩秋頃の景色で、その景色と重なる。
 その旅番組で、緒川たまきが温泉を飲んだとき、「口を切って、その血をなめた味」といった表現をしていたが、なるほどその通りである。
e0112360_20333477.jpg


 次の列車まで時間があったので、歩き込まず、温泉街の端までを往復しただけで、ヘプに戻った。列車を待っている間、雪がちらついてきた。

 ホテルに戻って昼寝をして、またヘプの町を歩いてみた。
e0112360_20334628.jpg
e0112360_20335760.jpg

[PR]
by jinguumae | 2007-01-24 21:38

新年あけました

 2007年1月1日の朝。クトナーホラを歩いた。町は小さく、そして静かだった。
 町を歩いていると、教会の鐘の音が聞こえてきた。静かな町で聞く鐘の音。これを求めていたのだ。何てことない小さな町をゆっくり歩く。こんな旅が好きである。
e0112360_20431672.jpg


 本駅まで30分程歩いて、そして列車を待った。行き先はヘプ。面倒だとも思ったけど、4日までまだ3泊時間を潰さないといけないし、クラクフまで行こうかとも思ったけど、前半で散々移動したからもう良いやって感じだし・・・とにかくヘプに向かうことにした。

 途中、空が暗くなり、雨が降り・・・心細くなったが、へプに到着する頃には雨は止み、青空ものぞかせていた。そしてヘプに到着。
 駅舎や、駅前の風景が社会主義っぽい!良い感じ!!
e0112360_20443177.jpg


 ロンドンでのクリスマスを思い出し、お店とかは開いていないだろうと思っていたが、ぽつぽつと開いているお店もあった。両替商も開いていた。
 一軒のホテルに入ってみた。独特の訛りのある英語に最初戸惑ったが、朝食なしで450コルナ(2,750円)ということで、部屋も見せてもらうとシャワー・トイレ付きだし、広くてきれいだし、ここに決定。 
e0112360_204993.jpg


 ヘプの町は、凄く雰囲気の良い町。小さい町で、東欧の感じ・・・建物であり、人であり・・・を味わえるし、この町に来て良かった。いわゆる“渋い”町である。
e0112360_20435981.jpg
e0112360_20441236.jpg

[PR]
by jinguumae | 2007-01-23 21:02

絶対的なものなんて・・・

 年が変わるということは、色々な意味で区切りとなる訳だから、とても重要なこと。他の一年のうちの大部分の午前0時とは、やはり意味は違うことなのだろう。
 しかし、それは、感傷的なものに過ぎないのかも知れない。自分にとって、一週間程前までは日本で生活していて、日本の時間の中で生活していたのだから、どちらかと言えば、チェコの時間より8時間早い、チェコ時間の16時、ちょうどプラハからの列車が出発した時間、その時を年越しとする方が妥当なのではないだろうか。チェコの田舎町、クトナーホラで、「あとちょっとで2006年が終わるなぁ・・・」とぼんやり考えていたとき、実はもう2007年になっていたのである。2007年になった瞬間、そのとき自分は、ホテルの部屋で、なかなか寝付けず花火の音を聞いていたのではなくて、散々疲れて、ぎりぎりに間に合ったクトナーホラに向かう列車の中にいたのではないだろうか。そう考えると、年越しの瞬間にプラハにいるという目的は達成されたと言えよう。

 年を越すという、何か特別な瞬間と考えたくなるようなことも、実はあやふやで、頼りないことなのかも知れない。

 そんなことを考えてみた。
[PR]
by jinguumae | 2007-01-22 21:25

予定変更

 新年をプラハで迎える。今回の旅の目的は、一応そんなところだった。それだって、とって付けたようなものだけど・・・。 
e0112360_2193976.jpg


 プラハに着いた。そしてホテルを探して町を歩いた。すると、町はものすごい人混み。人、人、人・・・すっかり興醒めしてしまった。
 プラハはヨーロッパでも有数の観光地だから、当然なのだろうが、それにしても、個人的な東欧のイメージからはほど遠いものだった。これならばパリやアムステルダムで年を越した方が良い。そう思いながらも、ホテルはないかと、迷いながら一軒一軒ホテルを回った。
 結局ホテルは空いていなくて、疲れ切って駅に戻った。数分後に列車があったので、急いで窓口に行き、奥で喋っている駅員を無理矢理呼んで切符を買い、そして16:00発の列車に乗り込んだ。

 クトナー・ホラ本駅で列車を降りて、人に聞いて乗り換え、クトナー・ホラムニュスト駅まで行き、そして旧市街に入った。
 町は閑散としていた。ホテルは朝食付きで730コルナ(4,450円)。
 町に出る。飲み物でも買おうと思ってもお店が開いていなくて、一軒のレストランに入った。トマトスープとピザマルゲリータとピルスナーウルクェル3杯。チェコ料理を食べようと思っていたのに・・・。
 
e0112360_2195764.jpg


 年越しの瞬間をプラハで迎える。そのとき、一体何を感じてどんな思いでいるんだろう?そのために急いでパリからプラハに向かったのに・・・こんなことになるんだったら、スイスとか、ドイツとかをもう少しゆっくり見ても良かった。もっと言えば、日本で年を越した方が良かったのかも知れない。町の慌ただしさ、テレビ番組、人との会話、それらで、こうして旅をしているより余程年末の、そして新年の雰囲気を味わえたのだろう。
 それでも、あえてこの時期に、このルートで旅に出たことは、それなりに意味のあることなのだろう。きっとそうなんだ。
[PR]
by jinguumae | 2007-01-21 21:13

十川信介教授最終講義「文学者の手紙について」

 大学時代、それはそれは恵まれた環境にあった。先生方も、学生の仲間達も・・・本当にステキな時間を過ごせた。あまりに居心地が良くて、その思い出から未だに抜け出せない程に・・・。

 凄く好きだった先生の一人である、文学部の十川信介教授が今年度で定年退職となり、先生の最終講義が今日行われ、出席してきた。

 先生の授業は、4年のときに日本文学講義を受けた。近代小説と異界についての講義で、居眠りをしながら(この授業に限らないが)、ノートも取らず、ただぼんやりと講義を聴いていた。先生の、時折斜め上を向いて、そしてうなずきながら淡々と話す姿が何だか好きだった。

 その授業の初講日に、先生は、履修登録の関係で、日文科以外の学生は手を挙げてとおっしゃり、数人の学生が手を挙げた。そして学科を聞かれると、「哲学科です」とか、「女子大です」とかと学生が答えていき、最後に、後ろの方に座っていた自分の番が来た。

先生 「君は?」
自分 「数学科です。」
先生 「・・・」
自分 「理学部数学科です。」
先生 「僕は、これからこの授業でいかに科学技術が日本を駄目にしてきたのかを話すんだ。」

学生から笑いが起こった。

 そして最終日、成績評価の期日の関係で、先生はまた日文科以外の学生に手を挙げさせた。初講日よりは少なくなった挙手した学生は、それぞれ学科、学年を言った。そして最後に後ろにいた自分の番。

先生 「君は?」
自分 「数学科の4年です。」
先生 「数学科・・・僕が学生のとき、湯川さん(十川先生は京大出身だから、湯川秀樹のことだろう)から、数学も文学もつきつめると結局は同じなんだと言う話しを聞いた・・・。」

 凄く、凄く嬉しかった。先生は何気なくおっしゃったのかも知れない。もしかしたら、いつも居眠りしていた数学科生の存在を覚えていて下さり、それに対するメーセージがほんの少しでも含まれていたのかも知れない。先生がそのとき何を思っておっしゃったかは分からないが、でも、自分にとっては、今でも(時間が経った今の方が)心に残る思い出である。

 
[PR]
by jinguumae | 2007-01-20 20:55

ドイツを東へ

 ホルプをまだ暗いうちに出発。テュービンゲンで降りた。町はそこそこ大きく、見応えがありそうだったが、旧市街の教会までの往復だけにした。
e0112360_2221317.jpg

 ヨーロッパの冬は、朝が遅く、夜が早い。テュービンゲンも、夜が明ける前に去った。

 次に降りた町は、ウルム。アインシュタイン生まれた町。町の中心には、大聖堂の高い塔がそびえている。
 この町にいたのは2時間程。でも、気分的にゆっくり歩けた。ゆったりとした時間が流れるドイツの地方都市。広場の屋台で買ったソーセージ入りのパンが、美味しかった〜!!
e0112360_22425883.jpg

 ニュルンベルクには、まだ明るいうちに到着。精神的に余裕があってのホテル探し。インフォメーションで安いホテルを紹介してもらい、駅近くのホテルを紹介してもらった。一泊朝食付き40ユーロ。(6,400円)
e0112360_22561378.jpg

 スイスやドイツは、すごく旅のしやすい所。駅でも、車掌さんも、インフォメーションも、基本的には、みんな良い人!時刻表をプリントアウトしてくれるし、乗り継ぎのホームを教えてくれるし、ホテルを案内してくれるにも、感じが良い。
 東欧のぶすっとした奴らも好きなんだけどね・・・。

 ドイツ料理とビールで夕食を、って思ったんだけど、適当なお店が見つからなくって、アイリッシュパブに入ってみた。キルケニー2杯とドイツビール2杯。ホテルに戻って、そのまま眠った。
 
[PR]
by jinguumae | 2007-01-19 23:11

ドイツ入国

 シュトゥットガルトはホテルが高いだろうし、何となく田舎の方がホテルを探しやすいかなぁと思って、手前のホルプという町までの切符を買った。そしてチューリッヒからドイツへ。でも、外は真っ暗になって、次第にホテルはあるのかと心配になってきた。もしホテルがなかったら、シュトゥットガルトに行けば良いし、それでもなければ夜行に乗っても良いし、くらいの気持ちでホルプの町に入ると、教会や旧市街がきれいに浮かび上がっているのが見え、これは大丈夫だと、列車を降りた。
 駅から旧市街の方に歩いていると、標識があり、そこにはベットのマークが載っていて、それを頼りに一軒のペンションのような所に入った。一泊32.5ユーロ(5.200円)と言われ、部屋を見せてもらうと、十分にきれいな部屋でびっくり!泊まることにした。
 英語が余り話せないおじいさんが対応して、50ユーロ渡して17ユーロしかおつりを貰えず、もう50セントと言ったら、1ユーロ硬貨を50セント硬貨2枚に取り替えた・・・0.5ユーロはチップということなのか??
e0112360_19193655.jpg


夕食を食べに町に出た。適当に店に入って、お客さんに助けてもらって豚肉のカツレツとポテトを注文し、ビールは2杯飲んで締めて12.5ユーロでした。
[PR]
by jinguumae | 2007-01-17 19:26

スイス滞在一泊二日

 6:02発のツェルマット行きの列車に乗る。だんだんと空が青白くなってきて、山々の稜線が見えてきた。そして、ツェルマット駅に着く直前、一瞬だけマッターホルンが見えた。想像していたより大きく、迫力があってびっくりした。
 東欧とか、バルカン半島とかが好きで、せっかく外国に行くのにスイスに行くのはなぁ・・・と思っていたけど、マッターホルンを見れて、想像を超える美しさで、本当に来て良かった。
 
 列車を降りて、村の外れまで歩いて山を堪能した後、スキー客に混じってケーブルカーに乗ってスネガに行った。ツェルマットからの景色とはまた違って、ここからの景色もまた美しい。

 スキー場で、東京で着ているコートにバックパックと、ちょっとちぐはぐな格好をした日本人は、十分に感動していたのでした。
e0112360_592911.jpg


 チューリッヒに向かう列車でも、車窓を楽しみ、チューリッヒでは乗り継ぎに一時間強あったので、少しだけ町を歩いた。もっとゆっくりしたいのだが・・・。

 
e0112360_594338.jpg
e0112360_510124.jpg

[PR]
by jinguumae | 2007-01-17 05:56